Blog
公式ブログ

2020.01.21家づくりについて

初めての家づくり⑤~35年住宅ローン~

こんにちは!群馬県高崎市にある工務店、パステルホームです。

今回は、初めての家づくり5回目35年の住宅ローンのお話です。

 

1回目はこちら「家をもつということ

2回目はこちら「土地選び

3回目はこちら「注文住宅と建売住宅

4回目はこちら「注文住宅の住宅ローン

 

経済状況によって金利は変動する

※写真はイメージです

マイホーム計画で、35年ローンを組む方は少なくありません。
長いスパンのローンですので、現在の借入金利と返済額だけで計画するのは危険。
現時点で金利が低かったとしても、その金利が35年間続くとは限らないからです。

変動金利は固定金利に比べて金利が安いですが、通常は平均15年間で返済する方が借り入れる方法。金利が高くなれば一気に残金精算できる資金計画の場合はおすすめです。
しかし、35年間返済の方が借り入れるにはリスクが高いので、当社では固定金利での返済を推奨しています。
返済金額が毎月固定されているので資金計画が立てやすいですし、急激な返済月額の上昇もないからです。

金利が高くなったら安い金利に乗り換えよう
とお考えの方もいらっしゃると思いますが、変動金利が上がったときにはその時点の固定金利はさらに上がっていますので、そのタイミングでの固定金利への乗り換えは「今さら」です。
また、乗り換え手数料もかかります。
常に金利動向を意識し早めに手を打つなどしなければ、乗り換えメリットをうけることは難しいでしょう。

【フラット35】Sは3/31まで!

※写真はイメージです

【フラット35】は、民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する、全期間固定金利型住宅ローンです(詳しくはこちらをご覧くださいhttps://www.flat35.com/index.html)。

【フラット35】Sは、省エネルギー性や耐震性などを備えた質の高い住宅を建てる場合に、【フラット35】の借入金利を一定期間引き下げる制度
借入期間の最初の10年間の金利を、0.25%割り引いてくれます。パーセンテージでの割引ですから、借入金額が高いほど影響が大きいんですよ。
パステルホームの注文住宅は耐震等級3相当長期優良住宅仕様ですから、【フラット35】Sの条件を満たします

【フラット35】Sのお申込みは年度末の3/31まで。来年度また企画されるとは限りません。また、予算金額があるので予算額に達した場合は受付を早く終了する場合もあります。

当社では金利に関するご相談も受け付けております。
無理のない資金計画には、無理のないローン計画が必要不可欠。
どうぞお気軽にご相談くださいね。