Blog
公式ブログ

2020.05.21スタッフブログ

モデルハウスご紹介~和室編~

こんにちは!パステルホームの吉原です!

先週末から群馬も梅雨入りでしょうか、ずっとジメジメした湿気が残りますね…
一時だけ夏の暑さになったと思いきや肌寒くなったり、体調を崩さないように気を付けていきましょう!!

今回もイオンモール西の展示場「アンティーナ」をご紹介しつつ、お住まいづくりのアイデアをお伝えいたします。

今回は「和室」をピックアップしていきます。

ソファーを置いた広いLDKも解放感が心地よいですが、6畳くらいの和室で畳に座ってのんびり過ごすというのも素敵だと思います。

和室の使い方はご家族様それぞれではありますが、これまでに私がお伺いしたご要望ですと、
・LDKと連なる和室、
・LDKとは独立して客間としての和室
・畳の雰囲気が少しあれば、の畳コーナー
・1階に和室を作って将来は寝室として使う
・遠方のご両親様やお友達が泊まる際の客間
・畳でお雛さまや鎧兜を飾れるくらいのスペースがあれば、、、
など様々なスタイルがあります。

和室だけでなく各お部屋をどのように使いたいかもご希望を頂けますと、より具体的にご提案させて頂くことができます。

展示場の例をご紹介いたします。

○扉
普段は扉は開けっ放しでLDKと一間のようにしたい場合には扉を2枚、もしくは3枚の引き戸にされた方がより解放感が生まれます。
個室にしたい時にはドアで区切ってしまうこともできますね。

○畳


あまり見ることがないような真四角の畳ですが、実はこちら、和紙の畳になっております。
従来のい草の畳と比べて日焼けや色褪せに強く、液体をこぼしてもすぐに拭き取れば染み込まない加工、い草に比べて約3倍の耐久性と長持ちしやすい物になっております。
また、和紙だとカラーバリエーションも豊富で、シックな雰囲気に合わせられる黒地の物や柔らかい雰囲気のベージュの物までございます。

ただし、和紙畳では当然い草の香りがしないのでちょっと寂しいかもしれません…

○収納
和室と言ったら雰囲気も考慮すると収納の戸は襖、かもしれませんが
私はお客様に見た目か使い勝手の良さかをお伺いしております。

和室の収納扉は襖が自然かもしれませんが、実は襖だと2枚の引き違い戸なので、使う際には片方の戸分しか開きません。
折りたたんだお布団をしまう際にもちょっとずらして入れないと…ということになってしまいます。


和室を4枚の折れ戸にしますと、開口幅が大きく取れますのでお布団の出し入れもストレートですることができます。

細かいことかもしれませんが、日々発生する細かなストレスは無いに越したことはないのではないでしょうか。

また次回以降も展示場をご紹介いたします!